ムダ毛と女性ホルモンはとっても深い関係に・・・!うまくコントロールできれば脱毛の労力を半減できる

かわいい女性

ムダ毛と女性ホルモンは切っても切れない深い関係があります。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが増えると、ムダ毛が濃くなってしまいます。この男性ホルモンは、毛乳頭や毛乳体に指令を出して発毛を促進させる働きをします。男性ホルモンが増える原因は、ストレスや生活習慣・食生活の乱れなどによって、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが活性化されてしまうからです。

逆に、女性ホルモンの分泌が活性化されていると、ムダ毛が抑制されるだけでなく、女性らしいボディラインや美肌効果も得られます。

女性ホルモンを増やすためには、質の高い睡眠とストレスを軽減するためのリラックスそして、バランスのとれた食事が重要となります。人は就寝前になると、自然に体温が1度くらい下がり眠たくなります。しかし、寝るギリギリまで物を食べていると、寝ている時も内臓が働いてしまうので、グッスリ眠れません。

就寝3時間前からは何も食べないでおくと脂肪も蓄積されずよく眠れるようになります。それから、バスタイムにゆっくり湯船に浸かり体を温めると、自律神経が整えられて、ホルモンバランの乱れを改善することができます。また、女性ホルモンと似た働きをする大豆製品を普段の食事に取り入れると女性ホルモンが増えます。

【女性ホルモンは豆乳で増やす!?】

豆乳には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。そのため、豆乳ローションを肌に付けることで、大豆イソフラボンが皮膚から吸収し毛乳頭に働きかけて抑毛します。

豆乳はその他にも、肌内部のコラーゲン生成力を促進して、肌の弾力を高めてくれる効果や、皮脂バランスを整えて、ニキビができにくい肌に改善する効果もあります。更には、メラニン生成抑制効果によって、シミ・シワのできにくくする美白効果も期待できます。

特に、大豆に含まれているサポニンという成分が、皮脂を溶かして取り除く働きをするので、大豆イソフラボンが毛穴の奥まで浸透し抑毛効果が高くなるとされています。

豆乳ローションを効果的に使用するには、血行がよく毛穴が開いている入浴後に使用するのが最適です。肌の水分が蒸発しやすくなっている入浴後の肌に、素早く豆乳ローションを塗ったら、保湿効果の高いクリームで肌に蓋をして肌水分の蒸発を防ぎます。

以下に、自分でかんたんにつくれる豆乳ローションのレシピを載せてみました。

【用意するもの】
・計量カップ
・温度計
・漏斗
・不織布
・レモン2個
・レモン絞器
・無調整豆乳500㎖
・消毒用エタノール60]cc
・保存容器

【作り方】
事前に、雑菌が入らないように、手を洗って清潔にしましょう。
①鍋に豆乳を入れて、弱火にかけます。60℃~70℃くらいに保ちます。
②豆乳を温めている間にレモンを半分にカットして、レモン絞器で絞ります。
絞る際は、レモン汁に皮が入らないようにして下さい。
③温めた豆乳に、レモン汁を入れます。
④ゴムベラで混ぜると、モロモロとした状態になります。
⑤エタノールも④に入れ混ぜます。
⑥不織布でカバーした漏斗を熱湯で消毒殺菌したガラス瓶に設置して、⑤を漉していきます。
漉すと、乳白色の黄色味がかった液体がビンに溜まっていきます。
冷蔵で約1か月、冷凍で約半年保存することができます。
残ったカスは、ガーゼに包んで入浴時にお風呂に入れたり、そのまま気になる箇所にパッティングして使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です