まずは脱毛の種類を知ろう!プロが施術してくれる脱毛には大きく分けて3つのタイプがあります

脱毛している女の人

ひとえに脱毛と言っても、その方式によりさまざまなタイプがあります。

とくにサロンやクリニックなど、プロのエステティシャンや医師に施術してもらうタイプの脱毛は大きく3種類があり、それぞれ特長やメリット・デメリット、料金などが異なります。

ここを知っておくことは基本と言ってもいいほど大事なことなのでまとめてみました。

【フラッシュ脱毛とは】

フラッシュ脱毛とは、IPLやプラズマという光を当てて毛母細胞や毛乳頭を破壊して、ムダ毛を処理するというものです。毛根の黒いメラニンに反応する性質を活かして脱毛していきます。照射時の出力が低いため、比較的痛みが少なく肌への負担も最小限に施術を行うことができます。

それから、フラッシュ脱毛は、照射面積が広範囲となっているため、短時間で照射をすることができます。しかし、出力が引くいことと、毛周期に合わせて、2~3か月に1回のペースでの施術となるため、満足できる効果を得るためには、2年近く通う必要があります。

また、フラッシュ脱毛時の光は、脱毛だけでなく可視光線によって肌内部のコラーゲン生成を促進し、肌に弾力を与えるといった美肌効果もあります。自己処理で色素沈着を起こしていた肌を改善することができるといったメリットもあるのです。他にも、施術時に光を反応させるために塗るジェルに美容成分を配合し、更なる美肌効果と施術後の肌の乾燥を予防するといったメリットもあります。

【レーザー脱毛とは】

医療クリニックで使用されているレーザー脱毛機器は、直接肌に光を照射して毛母細胞のみにピンポイントでダメージを与えて毛が生えないようにするというものです。そのため、照射前にお手入れ箇所の毛をシェービングしておく必要があります。

それは、レーザーは、毛根のメラニン色素にのみ反応する性質があるからです。毛根のみに集中して施術を行うため、それ以外の箇所にはダメージを与えないというメリットがあります。しかし、日焼けをした肌の場合は皮膚が火傷してしまうため、クリニックに通っている間は日焼けをしないように気を付ける必要があります。同様に、ホクロやシミ・アザなどがあると、照射が難しいといった場合もあります。

それから、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて痛みが強いと言われています。痛みが苦手な場合は、出力を落とすか麻酔クリームなどで痛みを抑えてお手入れをします。

しかし、効果が高い脱毛方法なので、確実にしかも短期間で脱毛することができるというメリットがあります。

【ニードル脱毛とは】

ニードル脱毛は、絶縁針というものを毛穴に差し込み、高周波あるいは電気を流すことで、毛母細胞を破壊するといった脱毛方法です。毛1本1本に絶縁針を差し込んでいくため、非常に時間がかかる脱毛方法ですが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛よりも確実に脱毛できる方法です。

ムダ毛をピンポイントで処理できるだけでなく、色素の濃い箇所のお手入れも問題なくお手入れすることができます。施術時は、毛が生えた状態で行います。

施術時の痛みは、かなり強く我慢できない痛さと言われています。痛みが我慢できない場合は、別途料金がかかりますが、麻酔をして施術となります。施術を行えるエステティシャンは、ニードル脱毛を行う資格を持っていますが、人によって技術に差があります。

ニードル脱毛だけで施術を行うと時間も費用もかかりますので、レーザー脱毛と組み合わせて行うと効率よくお手入れができます。

ニードル脱毛の費用は、処置料1分300円~700円くらいとなっています。施術時に使用する絶縁針は、自分専用となるため、別途5千円ほどかかります。

“まずは脱毛の種類を知ろう!プロが施術してくれる脱毛には大きく分けて3つのタイプがあります” への 1 件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です